余談ですが  

モバイルWifiルーターを調べまくって、比較しまくった結果、、WIMAXか、LTEか、テザリング追加か、

更新:

パートナーさんから、

「外出先・客先で、テザリング(ソフトバンクのiPhone)でインターネットを利用していたところ、、

SMSに、

残り200MBで通信速度を低速にします。

のメッセージがキャリアから届いた。」

 

 

「どうすればいいかな?」

というご相談だったので、、どうするのが一番お得かをいろいろ調べたお話です。

※キャリアで通信速度の制限に達し、低速回線になると、、128kbpsに速度が制限されます。

ISDN時代にタイムスリップします。現代のブロードバンドコンテンツの世界で、ISDN並の回線では、おそらくストレスで死にます。

 

 


 

<調査その1>

ソフトバンクのデータ容量を追加購入すればいいんじゃね?

My SoftBankから通常速度に戻すことができます(データ定額パック:1Gバイトごとに1,000円、それ以外:2Gバイトごとに2,500円かかります)。

所定データ量を超えた場合に通常速度へ戻す

 

単月だけでしたら、こちらを使ってもいいかもしれませんが、、

慢性的にデータ送受信する場合は、、割高ですな。。

 

なんでも、docomo、auは、月初から月末の1ヶ月間で、データ容量の制限があるようですが、

softbankの場合、請求の締日で異なるそう。10日締め、20日締め、末締めの3種類があるので、個人個人で異なります。。

 

これは、調べてもらわなあかんのですが、

マイソフトバンクにログインして、

https://my.softbank.jp

mysoftbank01

料金確認をクリック

 

mysoftbank02

と、請求期間が表示されているので、

これで、自分の締日が確認できます。

私の場合、「期間:8月11日から9月6日まで」なので、10日締めであることが分かります。

 

使用データ容量のシミュレーション

9月8日に「残り200MB」と来たのであれば、締日別でシミュレーションをすると、

 

◉10日締めの場合・・・残り2日で200MB。

7GB÷29日= 1日あたりおおよそ240MB使ってらっしゃるので、、

ちょっと我慢すれば、11日のデータ容量復活まで逃げ切れる?

もしくは、、1GB追加で買っても1,000円の出費

 

◉20日時目の場合・・・残り12日で200MB。

7GB÷19日= 1日あたりおおよそ368MB使ってらっしゃるので、、

このペースで行くと、あと4.5GB必要なので、追加で4,000円または5,000円のデータ容量を購入しないと。。

 

◉末締めの場合・・・残り22日で200MB。

7GB÷8日= 1日あたりおおよそ875MB使ってらっしゃるので、、

このペースで行くと、あと19.25GB必要なので、追加で19,000または20,000円のデータ容量を購入しないと。。

 

 

という、計算になります。

締日が10日であれば、我慢して逃げ切るか、追加購入したほうがよいということですな。

 

 


<調査その2>

ソフトバンクでポケットWifiを追加契約すればいいんじゃね?

 

Pocket WiFi 303ZT

2年契約すれば、3,991円/月。

 

データ通信専用機のくせに、、

こちらも7GBのデータ制限があります。

テザリングあるのに・・・これ契約する人いるのか?というサービスですな。。

 


<調査その3>

制限なしといえば、、モバイルルーターの先駆者Wimaxじゃね?

 

・・

Wimax出たての頃は、本当に制限なしだったのに、、

3日で3GB超えると700kbps程度の速度に制限がかかって、3日間合計が3GB未満になった翌日のお昼ごろから復活すると言う仕様に。

 

と言っても、調査1のシミュレーションでいくと、3日で3GB超えるような使い方はされていないよう。

 

Wimax2+が現在主流のようで、各プロバイダから契約プランが出ています。

 

ネットで調べると、、すごく高い確率で誘導される

GMOとくとくBB – ギガ放題プラン

http://gmobb.jp/

◉イニシャルコスト

事務手数料:3,000円(税抜)

初期費用:無料

端末代金:無料

−−−−−−−−−−−−−

初期コスト:3,000円(税別)

 

◉ランニングコスト

初月:無料

1ヶ月目〜2ヶ月目:月額3,609円(税抜)

3ヶ月目〜24ヶ月目:月額4,263円(税抜)

25ヶ月目以降:月額4,849円(税抜)

−−−−−−−−−−−−−

初月含む25ヵ月間のコスト:101,004円(税別)

初月含む37ヵ月間のコスト:159,192円(税別)

 

となります。

 

—————————————-

で、もう1つよく出てくる

Broad WIMAX – ギガ放題月額最安プラン

https://wimax-broad.jp/

◉イニシャルコスト

事務手数料:3,000円(税抜)

初期費用:18,857円(税抜)

端末代金:無料

−−−−−−−−−−−−−

初期コスト:21,857円(税別)

 

◉ランニングコスト

1ヶ月目〜3ヶ月目:月額2,856(税抜)

4ヶ月目〜:月額3,541(税抜)

−−−−−−−−−−−−−

初月含む25ヵ月間のコスト:86,470円(税別)

初月含む37ヵ月間のコスト:128,962円(税別)

 

となります。

 


wimaxおすすめ契約プロバイダのまとめ

イニシャルコストと、初月含む25ヶ月で計算すると、

GMOとくとくBB – ギガ放題プラン:合計 104,004円(税抜)

 

Broad WIMAX – ギガ放題月額最安プラン:合計 108,327円(税抜)

 

・・・4,323円(税抜)。GMOのほうがお得です。

 

 

 

なんか、BroadWIMAXが今日だけ、5,000円キャッシュバックやってますが、

broadwimaxcampain

これ使ったら、BroadWimaxのほうがお得に、、

明日もやってるかな。。

 

 

なるほど。なるほど。

 

 

どこもそう変わらない。

ということが分かりました。

Broad Wimaxで5,000円キャッシュバックがないと、月200円ほどGMOがお得です。

結局、初期費用の19,000円を一括で支払って、月額一定額支払って安心して使うか、

25ヶ月の更新月でスパッとやめるつもりで、GMOを使うか、というところですな。

(29ヵ月超えるととGMOのほうが、総額で割高になります。)

 

 

・・・

ここまで、調べてまとめた結果、、

明日私がパートナーさんにおすすめするのは、

Broad WIMAXの月額最安プラン(Broad WiMAX 2プラス定額プラン1)

https://wimax-broad.jp/price.php

↑の右のタブのプラン

 

◉イニシャルコスト

事務手数料:3,000円(税抜)

初期費用:18,857円(税抜)

端末代金:無料

端末送料:0円

−−−−−−−−−−−−−

初期コスト:21,857円(税別)

 

◉ランニングコスト

1ヶ月目〜:月額2,856(税抜)

−−−−−−−−−−−−−

初月含む25ヵ月間のコスト:71,400円(税別)

 

合計:93,257円(税抜)

 

 

BroadWIMAXギガ放題月額最安プランとの違いは、

ハイスピードモード:7GB/月使用すると速度制限がかかります。(ギガプランは無制限)

速度制限がかかると、ノーリミットモード:下り(受信)最大13.3Mbps、上り(送信)最大10Mbpsとなります。

※ハイスピードモード(WiMAX2+)では下り(受信)最大220Mbps、上り(送信)最大10Mbps

 

個人的に、下り13MBbps出れば、ネットサーフィンぐらいはそれほどストレスがかからないかと。

私も初期Wimax使ってましたが、十分使えましたし。

 


 

まとめのまとめ

くぅ~疲れましたw これにて完結です!

WIMAXは本当にたくさんの会社が担いでますので、、情報を整理するのが大変でした。

上記2社以外も、もちろんいくつか検証しました。

 

◯万円キャッシュバック!や◯円割引!

という言葉だけが踊るサイトばかりで、一体どこがいいのか、、疑心暗鬼になるばかりでしたが、

最終的に納得できるプランで落ち着けて、個人的にスッキリしました。

 

しかし、これだけたくさんの会社がWIMAXを取り扱って、広告バンバンうって、専用サイト作って売り込んでるってことは、、

キックバックがかなりおいしいのだろうか、、

Tags: | | |

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク