【持論】最初に仲良くならない人ほど、気が合う【類友】
余談ですが

【持論】最初に仲良くならない人ほど、気が合う【類友】

更新日:2020年12月11日

 

先日、我が子が新しく友だちができる瞬間を幸運にも見ることができたのですが、

 

その子とは、会うのは4度目。

今まで3回会っていて、1回1回結構長い時間一緒にいたのに、一度も会話したことがないよう。。

でもお互い意識はしているよう。(その子の親談)

 

ところが、喋りだすと、、まるで随分前から友達だったかのように仲良くなっていくのを見て、

「なんだそれ?」

と拍子抜けしてしまいました。

 

と、思いながら、、

思い返せば、私の親友と呼べる人たちは、

中学、高校、大学、お客様と、、

どいつどの人も同じクラスや同じ仕事をしていたのに、

最初は1ヶ月以上、まったく会話をしたことがない奴ばっかりだなと。。

 

が、話し出すと、一気にほぼ毎日一緒にいるような仲になっていったのを思い出しました。

 

人見知り?

プライド?

似た者同士?

 

まぁ、おそらく3つとも当てはまるのでしょうが。

この法則を、、類友(類は友を呼ぶ)と呼ぶのでしょうか。

 

逆に「はじめまして」で、めちゃめちゃ喋りかけてくる人とは、疎遠になって行く傾向があります。

まぁ、、自分とは合わないんでしょうね。

それとも、誰とでも話をするから、自分はその他大勢の友達の一人だからですかね。

 

 

人と「合う・合わない」を表現するときによく使われる

価値観

価値観(かちかん、英:sense of values)とは、何に価値があると認めるかに関する考え方。価値(善・悪、好ましいこと・好ましくないこと、といった価値)を判断するときの根底となる ものの見方。ものごとを評価・判断するときに基準とする、何にどういう価値がある(何には価値がない)、という判断

wikipediaより

って言葉がありますが、学生の頃読んだ本に、

「価値観が合わない者同士と付き合うべき。お互いに新しい発見や新しい考え方ができて世界が広がるから。」

的なことが書かれていて、当時は「なるほどなぁ」って思って、ちょっと意識していたのですが、、

 

今は、全否定しましょう。

「価値観は合うほうがいい!」

 

価値観が合わない人といるだけで、ストレス半端ないです。

なんでそういうことするかな?

なんでそういうこと言うかな?

なんでそういう考えするかな?

 

・・・これが、積もりに積もって、イライラします。

 

なので、

この度、松坂桃李さんと戸田恵梨香さんがご結婚されましたが、

その記事で

「同じ空間に一緒にいて、会話がなくても苦痛でない。」

的なことが書かれた記事を見ました。

 

いや、まさしくこれだな!と。

これが、価値観が合うってことだなと。

お二人のご結婚を心より祝福致します。

 

 

さて、インターネットでは?

昨今、「顔が見たことがないネットの友達」と言う言葉を目にします、

そんな人がリアルで合うと、、

 

犯罪に巻き込まれたり、

はたまた、結婚したり、

 

と、いいのか悪いのかよく判断できないですが、

騙そうといる人もいれば、真剣に出会いを求めている人もいるという、

ネット=カオス

だなと。

 

なので、SNSやネットで知らない人とコミュニケーションをとる際は、

ネット=カオスということを、常に意識していることが重要

ですね!

 

 

皆様にいい出会いがありますように。

StockSnapによるPixabayからの画像


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述