話題の「スシロー」へ、初めて行ってみた
余談ですが

話題の「スシロー」へ、初めて行ってみた

更新日:2015年06月01日

最近、最早珍しくもない

100円寿し。

 

 

 

10年ほど前に、

「100円の割に美味しい!」

と噂の店へ、2 , 3件行ったことがあるが、、

 

 

「な、、

 

なんやっちゃー!なんやっちゃー!

 

・・・

この薄いネタ!!」

ネタを、これでもか!と薄く切る技術に驚愕した記憶や、

 

 

(ぴゅーん・・)

「な、、

 

なんやっちゃー!なんやっちゃー!

・・・

 

この寿司が運ばれてくるパフォーマンス!」

 

 

といった、

 

最早「寿司を食べる」という行為ではなく、、

100円寿司 = 「寿司を食べた気になる」お店。

という認識しかしてなかったのですが、、

 

 

会社近くに「スシロー」がOPEN。

IMG_68821-1024x768

(スシロー 福井米松店)

福井県では2店舗目なのですが、

なんか、、ネットでやたらと好評だし、、

 

10年という月日を経て、、いざ100円寿司「スシロー」へ。

お昼前に行ったのですが、待つこと5分。

 

 

取り敢えず通常のネタの寿司を注文。

IMG_6883

 

おぉ。。

めっちゃ普通の寿司やんけ!

 

どれ。

(モグモグ)

 

おぉ。。

100円でこの味。。十分やんけ!

 

 

では、噂の邪道なものを

 

IMG_6884-1024x768

フライドポテト。

うまし。

(もぉちょっと量があるといいな。。)

 

 

IMG_6885

炙りベーコン

 

うまし。

(油っぽかったので、2艦で十分ですが。

イベリコ豚 じゃなくて、 イタリア豚 って、、なんか狙ってるのかな?)

 

 

というか、

炙り系は、全般、、

バーナーで焼き色付けた味がして、美味しかったです。

 

 


 

感想・まとめ

100円でこの美味しさは、、反則だな。。と。

さすが、全国400店展開ですね。

 

で、高級ネタも置いてないところもさすがだなと。

「大トロ、中トロ、うに」とかは、、ないんですね。

100円で出せるものじゃないですし。

100円で無理やり出して「ケチくさい寿司」になるぐらいなら、出さないといったところでしょうか。

 

 

あと、

注文が5皿ずつしか一度にできないところや、

(1客への注文過多による偏りを避けるためかと)

 

会計の手際の良さ、

(一皿100円なので、積み上げたお皿の身長測って、100円以外の器は数えて・・

なんか、お皿にICチップ入っていてピッと計算するよりも、客に分かりやすいパフォーマンスだったな。

んで、合計金額をピッとバーコードと連携させて、お会計。)

 

デジタルとアナログの作業の切り分けが、素晴らしいことにも感動しました。

 

 

また行こう。

と思った100円寿司でした。

 


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述