Webとかいろいろ  

2015年9月アップル新製品(iPhone6s,appleTV,iPadPro)が、、個人的に残念だった件

更新:

アップル新製品が発表されてから5日ぐらいたちましたが、、

本日お客さんに、

「今回のアップル新製品なんかいいのあった?」

と聞かれまして、、

(そういえば、アップルの新製品の話をされるの、発表後初めてだな。。)

 

 

翌日の新聞にすごく分かりやすく載っていた、

今回(2015年9月発表)のアップル新製品の特徴がまとめられた表の写メを見せました。

(あまりにわかりやすかったので、写メ撮っちゃいました。

が、、本ページに記事写真を載せるわけにはいかないので、、更にくだけた内容で。)

 

iPhone6s、iPhone6sプラスの特徴

◉ 画面を押す強さを感知するセンサー機能搭載し、メール操作などの使い勝手が向上

◉ カメラの画素数向上

◉ 新色ピンク色のモデルを追加

 

iPad Proの特徴

◉ 画面を大型化

◉ キーボードとペンシル(別売り)

 

新Apple TVの特徴

◉ ゲームアプリ

◉ 音声認識機能

 

お客さん「・・・なんかすごいのある?」

私「・・・いや、、」

 

・・

お客さん「ところでさぁ、(違う話)」

 

 

どうしたアップル!!

 

昨年のiPhone6は、過去最高に売れたiPhoneだったそうですが、、

 


ちょっと偉そうに分析させていただくと、、

(以下、個人的な見解&一部思いつきです。)

 

アップルの新製品に、

「なぜ!?これを作ったのか!」

というコンセプトが、薄れてきた気がします。

 

◉ なぜ、iPhoneに3Dタッチを搭載したのか?

(使いやすくなりましたよ。)

 

なぜ、iPadの画面を大型化したのか?

(キーボードとペンが付いてパソコンに近づきましたよ。)

 

なぜ、アップルTVにゲームアプリを取り込んだのか?

(iPhoneのゲームを家に帰ってから大画面でもできますよ。)

 

 

なぜの説明・・・コンセプトが弱い。。

むしろ、シンプルさが売りだったデバイスが複雑化していっている気が、、

 

 

iPhone sは、全機種の性能アップということで、いいと思いますが、

 

iPadの画面を大型化するぐらいなら、

Macbook Proの画面が取り外せ、iOSとMacOSが切り替えできるようになりました!

ハードな仕事にも、プライベートの読書やゲームにも。これ1台でどこへでも。

とか。。

 

アップルTVは、ゲームによるのではなく、

テレビ会議を再発明。なんとかかんとか。

とか。。

iPhoneで撮影している動画を、リアルタイム観戦。iCloud連携、ボタン1つでいつでも再生。

とか。。

 

個人的には、iTVとして液晶一体型を出して欲しかったな。。と。

アップルの場合ですと、製品が美しいことも強み・ブランドの1つですので、

アップルロゴが入った美しい液晶テレビに、アップルTVの機能搭載。

よりコンパクトに、より美しく。

というだけでも、爆売れする気もしますが。。

iPhone6が大型化して、過去最高の販売台数だったように。。

 


 

過去記事

コンペ勝率80%超え!企画書の作り方・考え方

にも書きましたが、

「なぜ、そうする(そうした)のか?」

のコンセプトが聞き手に想像させられない、技術情報に寄った企画は、刺さりません。

 

 

とは言っても、アップルの場合、

周囲の期待感が半端無いので、毎年ハードルが上がっていくなかでの発表って、、

オレなら胃に穴が開くな。。

 

 

皮肉なことに、

改めて、ジョブズのプレゼン能力の高さを思いしらされました。

・持っているすべての音楽をポケットに入れて持ち運べるiPod。

・そうiPhoneならね。

・封筒から出てくるMacbookAir。

 

・・コンセプトだけで、ワクワク感が半端ない。

 

 

個人的に、ICT業界を牽引し続けて欲しいアップルに、今後も期待したい!

Tags: | |

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です