Webとかいろいろ  

Webサイトが、売上向上ツールから自己満足のパフォーマンスツールに変わる時。。

更新:

ごく稀にあるのですが、、

 

派手な演出のサイトを求めてくるお客さまが、、

 

たまーにいらっしゃいます。。

それが「今どきのWEB」

とか、、勘違いされている場合とかも、、

 

 

atamawokakaeru

 

あぁ、、視点が違うか。。と、しばらく頭を抱えます。

 

 

 

 

 

「写真をもっとクールなものに!」

とか、

「文章をもっと読みやすく!」

「見て欲しいコンテンツは、これだから、レイアウト、見せ方をもう一工夫!」

good

という点にこだわるのは、とことん付き合うのですが、

 

 

無駄な過度な演出に固執されると、、かなり萎えます。

naeru

 

 

 

もちろん、

使い勝手の向上という視点での演出、

サイトのブランディングにも繋がるような、心地よい演出なんかは、

ユーザビリティやデザインという視点で組み込みますが、、

 

lgf01a201411160100

 

これ、、ユーザー使いづらいだろうな。。

とか、

このアクション、、ユーザーは2回目も見てくれるかな。。

とか、

スマートフォンで検索して、アクセスしたページがこんな動作されたら、、オレなら即離脱するな。。

と、考えてしまう過度な演出の要求については、、疑問符がつきまといます。

 

 


 

本来、

「より多くの人に」「より分かりやすく伝え」「自社の商品・サービスを知ってもらう」「そして選んでもらう」

という目的で、Webサイトの構築を行うことが大半なのですが、

 

構築途中で、お客さまが本来の目的を忘れてしまうケースが有ります。

 

「なんか、どこにでもあるサイトだな。。面白くないなぁ。もっと派手な演出に出来ない?」

 

 

suprise

 

・・・

「おっ、、おもしろくない???面白いサイトにしたいんですか??」

 

この視点で考えだされると大変です。。

制作コストの元を取る視点が、完全に違うものに変わってしまっているからです。

 

本来の、

多くのユーザーに選んでもらうための「未来の売上向上ツール」への投資の視点から、

制作・開発費の元を取る?「経費削減」的な視点に変わっています。

 

 

lgf01a201412171800

日本で最もアクセスのある「Yahoo!Japan」は、いつ見ても勉強になります。

非常にシンプルに作られていて、あれだけのコンテンツがあるのに、見やすく、探しやすい。情報コンテンツサイトの王道のサイトです。

派手な演出があるのは、広告ぐらいです。

 

「これは老若男女問わず、ホーム画面に設定して、毎日でも見るわ。」と、

毎回尊敬して見てます。

 

「Yahoo!Japan」が、記事のページを開くたびに、

グオーンと画像を画面の外から回してきて、記事がタイプするようにカチカチ表示されてきたら、、

おそらく二度とYahooを見ることはないでしょう。(例えが極端すぎますが。)

 

 

ユーザーは、演出を見にサイト訪れてきてるんじゃないんだよーーー

重要視すべきは、コンテンツなんだよーーーーー

ん?前も書いたな・・最近のSEO対策は、、って、もぉいいんじゃない?

 

 

 

 

最近気づいたのですが、

大概、過度な演出のオーダーを出してくる方は、身内の方を向いてしまっています。。

「あの人すごいって思ってくれるかな。。」とか、「社内で見せると驚くだろうな。。」とか。

 

 

・・・

そんなページビューの1%にも満たないアクセスのために、一時の自己パフォーマンスのために、サイトを作るのは止めましょう。。

 

ページビューが増えたよ!

問い合わせが増えたよ!

 

売上が上がったよ!

の未来のためにサイトを構築しましょう。(切実)

pray

Tags:

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク