【体験談(part.3・完)】中心性漿液性脈絡網膜症でレーザー光凝固術を受ける【95%完治】
余談ですが

【体験談(part.3・完)】中心性漿液性脈絡網膜症でレーザー光凝固術を受ける【95%完治】

更新日:2022年04月25日

はい。だいぶ間が空いてしまい、申し訳ございません。

前回記事のコメント欄から、同じ症状の方がこんなにいるのかと驚愕しました。。

 

右眼が中心性漿液性脈絡網膜症になってしまいました。

【体験談(part.1)】中心性漿液性脈絡網膜症とかいう働き盛り男性がなる眼の病気になった【完治記録になるはず】

【体験談(part.2)】中心性漿液性脈絡網膜症で蛍光眼底検査(造影検査)【完治記録になるはず】

の続き。

 

昨年の5月末に発症して、、約10ヶ月。

タイトルにもありますように、

今年の1月(発症から半年後)にレーザー光凝固術を行いました。

 

part2.の蛍光眼底検査から、毎月1回通院していたのですが、

「水が引いてきた!」「水がまた出てきた!」

を繰り返し、、

 

今年1月(発症から半年後)の受診の際

 

担当医:「発症してから約半年経ち、症状が安定しないため、これ以上この状態が続くと、網膜の状態がこれが当たり前になってしまうため、次の段階に進めたいと思います。」

 

私:「、、次の段階とは?」

 

担当医:「治療には2パターンありますが、レーザー光凝固術を行いたいと思います。レーザーで水が漏れている箇所を固めてしまうという手術です。」

 

:「もう1つは?」

 

担当医:「もう一つは、1週間ほど入院して頂く必要がある手術で、すぐにはできない手術です。」

 

:「(すぐには?)、、治る可能性の高い方を受けたいのですが。」

 

担当医:「…もう一つの手術は、日光にあたると火傷してしまう点滴を打つため、1週間は入院していただかないといけない手術でー、体への負担もー」

 

:「日光に当たると火傷する??(めちゃくちゃビビる)。。。はい、では、固める方でお願いします。」

 

担当医:「もし、固める方がうまく行かなかった場合は、そちらを選択するしかなくなるのですが。私もまずは、レーザー光凝固術をやってみたほうがいいと思います。」

 

:「はい。ではお願いします。」

 

担当医:「では、準備しますので、しばらく待合室でお待ち下さい。」

 

:「えっ?今からですか?(こ、心の準備が、、)。。わかりました。」

 

・・・待つこと数分、すぐに呼ばれ、

暗室の一番奥にある機械の前に座らされる。

 

ギャラリー研修医と思われる方が3名、担当医の周りでメモを片手に見守り、

私の後ろに看護師の方がスタンバイ。

 

担当医:「はい。では上を向いてください。」

看護師に頭をガッツリホールドされ、

担当医が持っていたなんかジェルみたいな感じのものを眼球に押し当てられ、上を向いたままで眼球を固定される。

 

もはや、拷問

 

 

担当医:「はい。では、こちらに顎を乗せてください。」

と、機械の前にセット。右眼は上を向いているから明るいって言うことぐらいはわかりますが、見えない。まぁ、黒眼で見たらダメなやつかと悟り、さらにビビる。

 

左眼は見えるので、それで担当医を見ていると、

スマホで私のレントゲン写真を見ながら、水が漏れている位置を確認。ギャラリー研修医も覗き込んで勉強。

 

担当医:「このへんかな。」

 

:「(このへん?アバウトじゃね?)」

 

担当医がボタンを押下。

後ろに吹っ飛ぶ私。(いや吹っ飛ぶって言うと大げさですね。味わったことのない眼への違和感にビビって少しのけぞりました。)

 

看護師:「大丈夫ですか?」

 

私:「すいません。ちょっとびっくりしたので。」

 

担当医:「はい。もう一度同じ位置に来てください。」

 

・・・ボタン押すとこなんて見るから反応してしまったんだなと反省。左眼も閉じる。

 

体感的に4,5発、レーザーを食らう。

手術時間は15分ほど経過していました。

 

若干、焦げ臭が漂う。

 

担当医:「はい。お疲れさまでした。水が漏れている箇所にレーザーがあたったと思いますので、これで経過観察します。また来月きてください。」

 

:「(あたったと思います?)いま、めちゃめちゃ右眼見えないのですが。」(発症したときとと同じくらい見えない。。)

 

担当医:「数時間後にはもとに戻るはずです。」

 

・・・

もしかして、見えるようになったときに、、完治か!?

 

 

数時間後、、

手術前と変わらない見え方。

 

 

・・・

レーザーの当てる場所失敗したんじゃね?とちょっと疑心暗鬼。

 

 

が、1週間、2週間と日を追うごとに見えるようになって来ている、、(おっ、レーザー当たってたな♪ ってこんなノリでいいのか、、)

 

 

・・・術後1ヶ月後。(今年の2月:発症してから7ヶ月後)

 

担当医:「どうですか?」

 

:「徐々に見えるようになっている気がします。」

 

担当医:「(レントゲンを見せながら)、はい。水が引いてきていますね。漏れていた箇所にレーザーが当たっていたようです。ここから回復に向かっていくと思います。では、、次は2ヶ月後の、、4月」

 

ここで、毎月から2ヶ月毎に延長される。

カリジノゲナーゼ錠50単位ももちろん2ヶ月分処方される。

 

 

で、今月(発症から10ヶ月、レーザー光凝固術から3ヶ月)通院。

 

:「(レントゲンを見て)えっ?めちゃめちゃ水引いてますね。なんか剥離していたビラビラももとに戻ってきてますね!」

 

担当医:「(先に見るなよ)。そうですね。いい経過です。ほとんど水は抜けてますね。では、次は2ヶ月後ー」

 

 

といった状態になりました。

 

現在の経過は、

若干、右眼の左上(見えなかった箇所)が歪んで見えますが、寝起きのちょっと見にくい状態ぐらいかなと。

100%完治の記録にはなりませんでしたが、

95%ぐらいは治ったかなと。

 

視力も落ちることなく、

日常生活にはまったく支障をきたさないレベルです。

 

暗い箇所は見にくい気がしますが、、老眼?がきたかもしれないなと。

 

 


スポンサードリンク


“【体験談(part.3・完)】中心性漿液性脈絡網膜症でレーザー光凝固術を受ける【95%完治】” への4件のフィードバック

  1. ゴン太くん より:

    続編有難うございます!
    読者は待ってました。
    面白おかしく書いてくれたので、楽しく読めました。
    最近、この病気が増えてる気がします。ストレスだけじゃないような。。。

    レーザー光凝固で95%治ったんですね。
    穴が閉じて、水漏れがなくなった。
    網膜の歪みは多少残ると思うのですが、見えにくいフィルター(黄色家灰色の)はどうですか?

    私は来月、その火傷する方で手術します(笑)
    面白くかけたら、私も記事にしたいのですが。
    同じ病気の人の希望となる記事、有難うございました!

    • BORDER より:

      ゴン太くんさま
      コメント有難うございます。

      ・・・
      えっ?
      > 私は来月、その火傷する方で手術します(笑)
      ほ、ホントですか?
      水が漏れている箇所が、眼の中心に近かったんでしょうか?
      私はビビってしまい、0.5秒で選択肢から消えましたが、、
      ゴン太くんさまの手術の成功とお体の回復を心よりお祈りします。

      > 網膜の歪みは多少残ると思うのですが、見えにくいフィルター(黄色家灰色の)はどうですか?
      すいません。こちらの説明が抜けておりました。
      楕円フィルターはありません!!コレがなくなったのはかなり大きいです。

      火傷する点滴の手術を行った際に、
      もし記事にするようでしたら、その記事のアドレスを教えていただけないでしょうか?
      このコメント欄をご利用いただいても構いませんので、後学のために結果を共有いただければと思います。
      誠に勝手なお願いで恐縮ですが、ご検討いただけますと幸いです。
      宜しくお願い申し上げます。

  2. りんりん より:

    はじめまして。
    更新していただきありがとうございました。待っていました!
     実は私も真っ只中。
    何度も読み直して、参考にさせて貰っています。
    私は患眼だけだとフィルター内の歪み、フォントによっては文字が認識できず、薄暗いとフィルター内の物体の輪郭すらわかりません。
     7年前から何度か再発をしていて、その間黄斑前膜と白内障の手術をしています。
    3月にOCTで黄斑変性症の前駆症状と診断されたのですが。。。。一昨日蛍光造影検査を受けて中心性漿液性脈絡網膜症で漏れ出している箇所を突き止めて貰いました。
     Dr.からはやや中心窩に近いがギリギリ大丈夫だろうからやってみよう(Dr.は時々不安になるような言い方をしますよね)と。また優しく2発ほどの照射に留めるがそこが暗点として残ると言われました。
    ビビりましたが、中心部分の楕円フィルターと歪みが軽減するならと暗点と天秤にかけて来週レーザー照射をすることにしました。
    BORDERさんが95%まで実感できるほどの回復をされていると聞いて嬉しく勇気がわきました。
     不安はありますが、手術の過程とその後の経過がイメージできるので最小限の心配で前向きな気持ちになれます。

    このよくわからない病気はストレスが原因と言われていますが、他の方もこのブログを読んで病気によるストレスがなくなればと願っています。

    本当に。。。
    クスっと笑える箇所がいくつもあって、明るい気持ちになることができました。
    ありがとうございます。
    先ずはレーザーでふっ飛ばされないように頑張ってきます。

    • BORDER より:

      りんりんさま
      コメント有難うございます。

      私もこの症状になって、いつも当たり前に”視えていたこと”が有り難いことだと痛感しました。
      眼の病気は、良くも悪くも、見た目にわからないので、7年前からですと、かなり負担だったことと思います。

      レーザー光凝固術が、水が漏れている箇所にクリティカルヒットし、早期に回復することを心よりお祈り申し上げます。
      (しかし、、2発とは、、ドクターはなかなかの凄腕スナイパーではないかと。私は4,5発打たれましたので。)

      私はビビりだった心の準備ができてなかったので、ちょっとした違和感でふっ飛びましたが、、
      おそらく反対の目を閉じていれば、ん?いま打ったかな?ぐらいの違和感ですので、頑張って乗り切ってください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です